貿易の仕事をしたいなら貿易実務検定を受けておこう

新着情報

始まりはなんでも良い

貿易に関する仕事をするには、貿易事務のことも勉強していなければなりません。未経験の人はそれだけで二の足を踏んでしまうでしょう。
しかし、貿易実務検定は誰でも受けられることから分かるように、貿易の仕事は派遣でもよく募集されているため、誰でも始めることができるのです。その道のプロを目指すのも良いでしょう。

派遣に登録する流れ

まずは登録

派遣の会社で求人を探せば色んな業務を体験できるということで、女性を中心に人気になっています。派遣会社を利用して仕事を探すには、まず登録書への記入が必要です。基本的にウェブを使っての登録となっています。

仮登録の内容確認

本登録をすれば派遣会社から登録の案内がきますが、その前に基本情報を登録しておくとスムーズでしょう。内容としてはごく簡単なもので、電話番号を登録することと、生年月日を記入することです。パソコンのメールアドレスは必須です。

コーディネーターとの面談

派遣会社にはコーディネーターが存在しています。コーディネーターと一緒に相談することで、自分の経歴に合った仕事を探すことができるでしょう。今後のキャリアアップについても相談することができるのです。

実際のスキルをみてもらう

学校や通信教育で身に付けた知識や技能が、実際の職場で役に立つとは限りません。オフィスで使うパソコンのツールを派遣会社のコーディネーターの前で実際に使ってみて、スキルをチェックしてもらうようにしましょう。

必要な研修を行なう

希望する職場に行くためには、必要とされる資格もあるかもしれません。貿易実務検定の勉強ができるような派遣会社もあるため、そういったシステムも活用してみるようにしましょう。そうすることで仕事の幅が広がります。

派遣社員の仕事で多い

仕事

貿易に必要なスキル

国際的な仕事がしたいと考える人の中で、貿易に関する仕事を目指している人もいるでしょう。そういった人は十分に勉強をして現場に行きたいと考えるはずです。
実は貿易の取引の現場や貿易事務の業務では、特別なスキルは必要ありません。事務に慣れていることは必須で、英語ができると就職しやすいでしょう。

印象を良くする

特別なスキルはそれほど必要ないとはいえ、やはり就職する際に人事にインパクトは与えたいものなので、貿易実務検定は受けておくようにしましょう。
貿易実務検定は職場でも受験を推奨しているところがありますが、事前に取っておいた方が印象も良いです。

海外とのやり取りが多い職場

貿易実務検定が必要な職場とはどこなのでしょうか。
海外とのやり取りがある仕事といえば商社を始め、物流に関わるところなら関わっていないところはないといえます。それ以外にも、海外に工場があるメーカーも貿易事務や実務が関わってくるといえます。

書類の重要性

貿易事務は契約や製品のやり取りを書類に残すための業務です。貿易実務とは事務を含む貿易全体の流れのことですが、この事務がとても重要となっています。
やり取りをきちんと残しておかなければ多くの人が書類の調整をしなければならなくなるため、実務と事務に関する理解は重要度が高いです。

自分に合う会社を選ぶ

事前に貿易のことに関する理解を深めておき、検定を受けるのも重要ですが、仕事を選ぶ際には「自分に合っているところ」を選ぶようにしましょう。
スキルもないのに忙しいところに就職してしまうと、余裕をもてずにミスばかりしてしまう恐れもあります。教育の面も重要視して、派遣会社のコーディネーターと相談してください。

仕事をスムーズにするために大切なこと

履歴書

色んな仕事が経験できる

貿易の仕事に限らず、様々な仕事を経験したいという人は派遣会社に登録をして仕事を紹介してもらいましょう。検定や研修を受けたい場合は研修制度を設けている派遣会社を選べば、安心して仕事を始めることができるといえます。

READ MORE
男女

検定について理解を深める

求人募集の際には人事と面接をし、スキルをチェックされます。資格や検定を受けたという実績があれば、採用担当者のイメージもアップするでしょう。教育をする余裕のない職場もありますので、そういったところでも活躍できます。

READ MORE
広告募集中