検定の試験内容や受けるメリットを理解すればもっと就職しやすくなる

就職するには資格が必要

経験者だけを募集しているところもあれば、初心者にも分かりやすく教育してくれるような会社もあります。経験者を優遇するところはたいてい検定や資格を通過していて、ある程度業務を理解している人を求めているのです。

検定について理解を深める

男女

手間が省ける

貿易実務検定に受かっていれば、就職に有利に働くため応募をする前に検定を受ける人が多くなっています。
これは、貿易実務とはなんなのかを最初から理解していると、教育の手間が省けるためです。

コストを重視している

近年では、どこでも教育にかける時間を削減している傾向にあります。終身雇用制が崩れたため、新卒を採用し一から教育するという形をとるところも少なくなっています。
そのため、最初から貿易実務の検定は取っておいた方が就職に有利になるのです。

貿易実務検定の勉強法

貿易実務検定は、貿易に関する知識を図るものです。定型的な業務について試験をするのですが、独学でも勉強することができます。
勉強法としては、
・独学
・通信講座を受ける
・学校や専門学校に通学して学ぶ
といった方法があります。

検定のことについて知りたいこと

試験には階級がありますか?

貿易実務検定はいくつかの階級に分かれています。以前は四つありましたが、現在ではA、B、Cの三つになっており、それぞれ難易度が分かれているのです。C級から順に上の階級を受ける人もいますし、ある程度勉強してA級から受ける人もいます。

C級の試験内容はどんなものですか?

貿易実務で定型とされている業務をこなすために必要な知識について、試験が行なわれます。合格基準は二科目の合計点である200点の、80%以内とされています。受ければ半数以上の人が合格するので、比較的簡単な試験です。

B級の合格率はどうなっていますか

B級の貿易実務検定だと、C級が60%であることと比較して40%となるので、少し低くなるといえます。年間を通して3回行なわれることになりますが、受験者数は800名ほどと多いので、勉強をして臨む必要があるでしょう。

準A級が廃止されたことの影響はありますか

A級の難易度は準A級に沿っているので、A級自体の難易度が下がったといえるでしょう。しかし、A級には付け加えられている試験内容もあるので気をつけた方が良いです。クレーム対応や運賃計算についても勉強しておきましょう。

貿易実務検定はどう就職に有利ですか

まず、貿易実務検定はとても有名な検定であることから、これを受けていれば知識の習得度がすぐに分かるという点が注目されている検定であるといえます。また、出題範囲も広いので、実践的であるのも特徴となっています。

仕事をスムーズにするために大切なこと

履歴書

色んな仕事が経験できる

貿易の仕事に限らず、様々な仕事を経験したいという人は派遣会社に登録をして仕事を紹介してもらいましょう。検定や研修を受けたい場合は研修制度を設けている派遣会社を選べば、安心して仕事を始めることができるといえます。

READ MORE
男女

検定について理解を深める

求人募集の際には人事と面接をし、スキルをチェックされます。資格や検定を受けたという実績があれば、採用担当者のイメージもアップするでしょう。教育をする余裕のない職場もありますので、そういったところでも活躍できます。

READ MORE
広告募集中